自分で解消できるトイレつまりの方法

トイレ つまり

トイレのつまりは緊急性が高い問題なので早く解消したいです。トイレのつまりを直すには原因を知る必要があります。トイレのつまりの原因を知っていないと対処することができません。トイレの排水管はS字に曲がっており、排水管内の水が溜まるようになっています。この水が、下水の臭いが排水管を伝って室内に充満するのを防いでくれています。S字の部分は流れにくい形状になっているので、つまりが発生しやすい箇所になっています。水に溶けやすいトイレットペーパーでも大量になると溶けにくくなってつまりの原因になります。トイレシートなどの水に流せる商品もありますが、トイレットペーパーと比べると溶けにくいので大量に流すとつまります。カップ麺の残り汁など食べ残しもつまりの原因になります。トイレで水に流せば綺麗になくなると思って、安易に流さないようにしてください。

トイレのつまりを直す簡単な2つの方法

自分でトイレのつまりを直す簡単な方法は2つあります。ひとつはバケツで水を勢いよく流す方法です。バケツに入った水を高い位置から滝のように落とします。このとき便器内の排水口を狙うのがポイントです。便器内の水に流れを作り、つまった部分に隙間を作ったり、つまったものを溶けやすくしたりする効果があります。次はラバーカップ(スッポン)を使った方法です。排水口との間に隙間がないように当ててゆっくりと押して、すばやく引っ張る動作をつまりがなくなるまで繰り返してください。ラバーカップを勢いよく押すとつまっていたものが下水に向かう排水管に入ってしまい、大きな工事が必要になることがあります。つまったものが便器に来るように引っ張る感じでラバーカップを動かします。つまりを直す前に床に新聞紙を敷く、便器内の水を減らしておくなどトイレが汚れないように準備してください。

上級者が行うトイレのつまりを直す2つの方法

バケツやラバーカップを使ってもトイレのつまりが解消できなかった場合の方法です。方法は2つ、慣れや注意が必要ですので慎重に作業をしてください。ひとつめがお湯を使う方法です。水ではなくお湯を使うことでつまったものを早く溶かすことができます。お湯の温度は50度を目安にしてください。熱湯を使うと便器が割れる恐れがありますので熱湯は使用しないでください。お湯と一緒に重曹やクエン酸を使うとつまったものが溶けやすくなります。もうひとつはワイヤーブラシを使う方法です。ワイヤーブラシはホームセンターで購入することができます。扱いやすい1~3mの長さのものを準備します。ワイヤーブラシを排水口から入れ、つまりの箇所にたどり着いたら押し込むのではなく搔き出すようにつまった部分を分解していきます。紹介した4つの方法でトイレのつまりは解消することができます。もし解消できないときは無理をせず専門業者に頼んでください。