知っておきたいトイレつまり1の原因

トイレ つまり

突如として見舞われるトイレのつまりですが、正しい水洗式の構造を知らずに使用していることが、つまりに起因しています。タンクから流出する水力や水量、また排水管の適正な使用の必要性等について普段から意識することはありません。トイレのつまり等トラブルが発生して初めて、知ることになります。つまりの原因は、ムリな使用と間違った使用が大半を占めます。この状態が頻繁に発生するようになるとマンション等の共同住宅では、深刻な問題に直面します。階下へ漏水等を引き起し、損害賠償を請求されることもあります。適正なトイレの使用から始まり、日々の清掃や状態確認がとても大切になります。実は、つまり現象には、必ず前兆があります。その前兆を見逃さず気付くためには、日頃のトイレ掃除を徹底する事が秘訣です。

正しくトイレのつまりの原因を知り、予防を徹底

概ね、水洗トイレのつまりの原因として考えられることは、大量のトイレットペーパー使用やティッシュペーパーの使用流出がとても多いです。また、貯水タンク内の水不足もあります。これは、節水目的でタンク内貯水量を制限した為、水力不足とタンク故障が起因しています。最近、増えている原因がトイレ清掃用流せるシートのつまりです。大量に流すとトイレットペーパーと同様です。その他、異物が排水管につまってしまい最悪ケースを引き起す場合もあります。最近、家庭以外の商業施設でもウォシュレットタイブのトイレが設置されており、トイレットペーパー使用量は削減可能と考えます。トイレの中がトイレットペーパーで埋まるぐらい適正さを欠く使用をなくすことが身近な予防と考えます。また、お掃除シートは出来る限り燃えるゴミとして排出しティッシュペーパーの使用は厳禁です。当たり前の事を確実に実行するモラル徹底も大切です。

大至急、解決したいトイレのつまり

もし、突然にトイレのつまりに見舞われてしまい、大至急、自分で対処、復旧しなければならない事態に直面した場合、その対応法について解説します。まず、つまりの原因を正確に知ることが大切です。原因を掴まずに対処すると故障の原因や更なるトラブルに発展します。単なるトイレットペーパーや汚物のつまりの場合は、バケツの水を勢いよくトイレに流す方法が簡単です。また、50度前後のお湯を流し込み、トイレットペーパー等紙類をふやかして解決します。それも通用しない場合は、一般的にラバーカップを用いて吸引し除去します。このような対応法でも解決しない時は、給排水専門業者に依頼することが懸命と考えます。ウェプサイト等にプロが実施する専用洗浄器具を購入し対応する方法や排水管洗浄について、そのやり方が紹介されていますが、専門技術の不足や器具購入費を考えると決しておすすめはできません。