土地を福井で査定する方法とは

   

福井の土地を査定する方法は、現地調査の有無により2種類にわけられます。簡易査定とは物件を見ずに価格を見積もる方法です。国土交通省が定める公示地価、国税庁が発表する路線価などをもとに、類似の売却事例を参考にしながら売れそうな価格を算出します。現地調査を行わないため、電話やメールなどで依頼することもでき、短時間で済むことがメリットです。
不動産会社の中には、必要な項目を入力するだけで売却額の目安がわかる無料フォームを提供しているところもあります。相談前の利用も可能です。
これに対し訪問査定では担当者が物件を調査したうえで評価を行います。登記簿謄本や権利書、図面などの書類の提出も必要です。時間はかかりますが、精度の高い価格を知ることができます。

不動産会社が行う査定方法

不動産会社が売却価格を算出する方法は、取引事例比較法、原価法、収益還元法の3種類です。類似物件の売却事例から売れそうな価格を見積もる取引事例比較法は、一般的な不動産の査定で広く使われます。近隣エリアの相場を参考に評価する方法だと考えるとわかりやすいでしょう。
対象不動産を再調達するのに必要な原価をもとに価格を算定する原価法は、土地付き建物の評価に適した方法です。土地のみの売却の場合には、再調達原価を求めるのが難しく、原価法は不向きだと言われています。
将来の収益に着目して査定を行う収益還元法は賃貸マンション、テナントビルなど収益不動産と呼ばれる物件の評価に用いられます。投資物件は収益還元法、それ以外の物件は取引事例比較法で評価が行われるのが一般的です。

福井の土地評価を決める要素

福井の土地査定額は、主に次の4つの要素によって決まります。路線価と面積は、もっとも重視される部分です。路線価とは相続税や贈与税の計算に使われる価格のことで、公示地価の80パーセントが目安に設定されています。路線価を1.25倍すればおよその実勢価格が計算できます。
周辺の取引実績も、評価額を左右する大きな要素です。過去の売買取引実績は、国土交通省が提供している土地総合情報システムで調べることができます。不動産会社に相談する前に、自分で調べてみるのもよいでしょう。
駅からの距離や近くにスーパーや医療機関があるかなど、利便性も重要なポイントです。便利な場所ほど、査定額は高くなります。
建物がたっている場合は、建物の状態によって土地の評価が変わってきます。築浅の場合には高額査定が期待できますが、そのまま住めない状態であれば建物の存在がマイナスとなる可能性も高いです。土地の評価はこれらの要素によって総合的に判断されます。正確な評価を知りたいときは、不動産会社に依頼するのが確実です。

ピックアップ記事

福井の土地査定を依頼する不動産会社の選び方

福井の土地を売る方法には、個人間売買と不動産会社に仲介を依頼する方法の2種類があります。個人間売買は、売却価格が決定したら交渉、契約書などの書類作成などの手続きをすべて自分で行わなければなりません。税...

不動産会社に相談する福井の土地査定

福井の土地がいくらで売れるかは、近隣の相場からある程度予想できます。折り込みチラシやインターネットの不動産サイトなどで物件情報をチェックして、相場感を養っておくことが大切です。相場に加えて査定の仕組み...

土地を福井で査定する方法とは

福井の土地を査定する方法は、現地調査の有無により2種類にわけられます。簡易査定とは物件を見ずに価格を見積もる方法です。国土交通省が定める公示地価、国税庁が発表する路線価などをもとに、類似の売却事例を参...

福井の土地査定に必要な書類とは

不動産会社に査定を依頼する場合、数枚の書類を提出しなければなりません。ネットで査定を依頼するときには不要なことも多いですが、売却までには必要となるので、早めに準備しておくようにしましょう。売却を希望す...