トイレつまりが起こらないようにするコツ

トイレ つまり

普通に使用していても、急にトイレのつまりが起きてしまう時があります。つまる原因はいくつか考えられますが、多くの原因としてはトイレットペーパーを大量に流したか、おむつや生理用品、子供のおもちゃなど、トイレットペーパー以外の異物を流してしまったというようなことが挙げられます。他には、便器もしくは排水管自体に何か問題があってつまったということもあります。トイレは頻繁に使用するものなのでつまって水が流せなくなってしまうととても困ります。すぐに業者を呼んでつまりを解消してもらいたいところですが、すぐに業者が駆けつけてくれるとも限りません。そんな時のために、自分でできるつまりを解消する方法をいくつか紹介していきます。実際つまってしまうと焦るかもしれませんが、ゆっくり対応することが大事です。

つまりの原因を把握して対応を考える

つまりを解消しようとするには、まずなぜトイレがつまってしまったのかを思い出すことが大切です。いつからつまったのか、自分に心当たりがない場合は家族にも聞いて原因を突きとめます。それでも何を流したか思い出せない場合もありますので、その場合はトイレを流した時に異音がしないかどうかを確認します。もし、水を流した時にゴボゴボといつもと違うような音がする場合は、排水管に原因がある場合が多いです。この排水管に原因がある場合が排水マスを開けて中を確認してみると分かります。異常が見られた場合は業者に依頼するしかないですが、異常が見られなかった場合は水をゆっくりと流してみます。また水を流した時の引き方でもトイレのつまりの原因がわかります。水が一度上がってから、スーッと引く場合は異物を流してしまった場合が多いです。

トイレのつまり解消に効くお助けグッズ

トイレのつまりを解消する時のグッズとして多く使用されているのが、スッポンです。ススッポはとても万能ですが、おむつなどの水に溶けないものを流してつまった場合にはやりすぎるとつまりが悪化してしまうこともあるので、無理にせず2、3回の吸引で解消しない場合は業者に任せましょう。また、トイレのつまりに効く薬品もおすすめです。使用する場合は薬品に記載してある注意事項をよく読んでから対応します。主に自分で直しても大丈夫な場合は流したものが紙類であったり、水が引かない、時間をかけて水が徐々に引いていく時なので、もしこれ以外の異常があれば業者に依頼した方がいいです。つまってから業者を探して電話してとなると時間も手間もかかるので、つまった時の為にすぐに行動できるように、予めすぐに対応してくれそうな業者を探しておくことがおすすめです。