トイレがつまりを起こした時の対処法

トイレ つまり

トイレは日常的に使う場所で、もし異変が発生したら、切実な大問題になりかねない場所です。水回りの中でも比較的頻繁に使用するので、問題が発生するリスクも上がってきます。中でも多いのはつまりでしょう。トイレがつまるのには原因があります。その原因によって対処法も変わってきます。原因がわからなかったり自分の手には負えないと判断した場合は、業者に依頼する他無くなります。その際にも、今後再び同じ問題が起きない様に予防をしっかりとおこなう事も必要ですね。トイレのつまりは突然起こる事もありますが、前兆がある場合もあります。流すときに水の流れが弱かったり、水位が上がってしまっていたり、逆に下がっていたりと、普段と違う事が目についたら要注意です。もしかしたら、もうつまりが始まっているかもしれません。

トイレのつまりの原因とその対処法

主な原因としては、何か大きな物を落としてしまったり、長い間徐々に異物が蓄積したりという事が挙げられます。多くの場合はラバーカップを使う事によって解消されます。それを使わなくても直す方法としては、バケツで水を勢いよく流したり、大量のトイレットペーパーがつまったのならお湯を流すと解消したりします。あとはワイヤーや高圧洗浄機を使う方法もありますが、あまり一般的ではありません。無理におこなってしまうと配管を傷つける恐れもあるので気をつけなければなりません。そしておこなう場合には手袋やマスク、ゴーグルをつけるなどして自己防衛しましょう。他にはタンクにペットボトルなどを入れて節水をしている場合に起こりやすいのが、流れる水が少ない事によって汚物が流れきらない事によるつまりです。この場合はペットボトルを取り去って、しっかり水が流れるようにすれば解消します。

トイレのつまりを防ぐにはどうすれば?

トイレのつまりを起こさせない為には、予防策が必要です。決して難しい事ではありません。水はしっかりと適量が流れるようにする事は当然です。そしてやはり肝心なのは、トイレのつまりの原因になりやすいものを、流さない事です。子どもがいる場合は遊ばないように注意し、おむつや生理用品など流してはいけないものは決して流さないでください。トイレを使用しない時は蓋をします。周りに落ちては困る物は置かないようにし、トイレットペーパーは使いすぎないようにしましょう。また、気をつけていても頻繁に起こる場合は何処かに異常がある可能性があります。その場合は業者に依頼しないと大変なことになりかねません。状況が悪化してからだと余計に時間や費用がかかってしまいます。原因がわかっている場合はいいですが、わからない場合や簡単に直らない場合には、無理をせずに依頼しましょう。

蛇口、排水溝などの水漏れ、つまりをメインに扱っております。 水回りのホームドクターとしてベストな提案をいたします。 トイレ・お風呂・キッチン・排水管・排水溝・洗面台・給湯器など水回りのトラブルはすべて対応いたします。 24時間365日対応しておりますが、夜10時~朝8時は一都三県以外は電話のみの受付となっております。 トイレのつまりの対処方法に関しては水道屋本舗へ